公式サポートの修理の料金の概要

公式の保証サービスとは

大切にiPhoneを使っていても、どうしてもトラブルは避けられないことがあります。iPhoneには購入後1年間はハードウェア製品保証がついています。その期間を延長できる公式の保証サービスがあり、購入後2年間に延長することができます。過失や事故で破損した場合でも、期間内に2回までは割安なサービス料で修理をしてもらえます。新しい機種になるほど、保証サービスへの加入料金は高くなっています。最新機種では22800円で加入できます。さらに、盗難や紛失の場合でも保証してもらえるプランがあります。このプランにするとさらに3000円ほど高くなります。これらのサービスには、ハードウェア製品保証以外にもテクニカルサポートの優先対応が受けられるようになっています。

故障した部分による修理料金の違い

修理が必要となる部分により、修理料金は変わってきます。よくある液晶破損の場合、公式の保証サービスに加入していなければ、最新の機種では30000円以上かかります。古い機種になると安くなる料金設定です。一方、公式の保証サービスに加入していれば、機種を問わず3400円で修理してもらえます。本体交換修理になると、未加入の場合、液晶破損の2倍弱の料金がかかり、かなり高額な料金を負担する必要があります。公式の保証サービスに加入していると、機種を問わず11800円で対応してもらえます。バッテリー交換は、公式の保証サービスに加入していると無償交換となるところが魅力的です。加入していなければ、機種により5400円か7400円を支払うと交換してもらえます。

iphone5sの修理はショップで受付されており、保証期間が過ぎても可能です。まだまだ使用可能なスペックのため、修理する価値はあります。