公式サポート利用の場合

公式サポートの修理の申し込み方法

公式の修理を受ける方法の一つが公式店に持ち込むか公式が認定したサービス代理店に持ち込む方法です。公式店は全国の主要都市を中心に展開されており、東京や大阪、福岡などの大都市で利用が行えます。一方のサ…

公式サポートの修理の所要時間

iPhoneが故障してしまい、通話ができなくなるのは生活に支障がでるものです。修理を依頼する際には、正規代理店の公式サポートに依頼するケースも多いことでしょう。正規の修理業者へ持ち込み対応してもら…

公式サポートの修理の料金の概要

大切にiPhoneを使っていても、どうしてもトラブルは避けられないことがあります。iPhoneには購入後1年間はハードウェア製品保証がついています。その期間を延長できる公式の保証サービスがあり、購…

iPhone修理店を利用するユーザーが増加

iPhone修理店を利用する方々が増えてきており、トラブルが軽いうちにメンテナンスを施せば、大きなトラブルに至るリスクを避けられます。

一般の修理店の場合

一般修理店の修理の申し込み方法と注意点

iPhoneの部品交換やデータ復旧などの作業を一般の修理店に任せる際は、修理の申込方法やおおまかな納期について早めに調べ始めることが大事です。たとえば、バッテリーやボタンなどの部品交換やクリーニン…

一般修理店の修理の所要時間

iPhoneが壊れた際に、いわゆる正規店と呼ばれるところではなく、一般の修理店に依頼するといったケースは多いでしょう。その時にどれくらいの時間がかかるのかが気になるという人は少なくありません。もち…

一般修理店の修理の料金の概要

見積もり料金の概略を理解する

一般のiPhone修理をおこなう店では、正規の修理店よりもはるかに割安な価格で修理を行ってくれます。そのため、どんな修理を行うのかあらかじめ調べておき、概略の見積もりを取り寄せてから修理依頼をすることで、費用を抑えて納得できる修理をするでしょう。修理する場所や内容によって請求される金額は大幅に異なります。どの部分をどんな部品で修理するのかによっても費用は大きく異なるため、注意してください。一般の店の場合には安い部品でなるべく安く仕上げるというところもあるため、安ければいいというものではありません。信頼できる部品を使って修理を完了しているかどうか、SNSや口コミから店舗ごとの評判を確認して依頼するといいでしょう。

具体的な金額の違いは部品にある

正規店の場合と一般の店の場合は価格が大幅に異なり、一般の店のほうが安いです。例として水没の場合、5千円台から1万円前後で修理完了することが多いといいます。また、ボタンの故障は5千台から1万円前後、画面の損傷は5千円から2万円前後、バッテリーの交換は3千円台から6千円前後で受け付けているところが多いです。ただし、使用している部品に関しては純正品の型落ちから、海外で生産されている非正規品までさまざまな部品を利用しています。事前にどんな部品を使っているのか、店舗に確認をしてから修理を依頼することによって納得出来る料金で修理を完了させられるでしょう。非正規店の場合修理にかかる日数はそれほど多くないため、事前に見積もりを複数もらい、検討してから依頼してください。